二死から打席に入った大谷は、カウント3-2からボテボテの三ゴロを放った際に一塁へ激走。

 野球評論家の張本勲氏(76)が9日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・0)の名物コーナー「週刊・御意見番」に登場。8日のオリックス2回戦(京セラドーム)後、大阪市内の病院で精密検査を受け、「左大腿二頭筋肉離れ」と診断された日本ハム・大谷翔平投手(22)について、「心配だね。

最近の打撃見たら打者捨てるのはもったい無すぎるよね4割50本とか現実にやっちゃうんじゃないかと思えてきた
手術しないと治らないみたいだしメジャー行くならどこかで決断しないとね。出たいのはわかるがどこかで自分を抑えれないとまた怪我しちゃうよ別にハリーに同調したいわけじゃないけどそう思う練習不足かはさておいて、ケガかばって他を壊すとか最悪パターンの一つだし
WBCを出場を辞退したのにチームとして起用して出場させてたのは辻褄が合わない気がしてならない。大谷だけを特別視するのは良くない野球生命は言い過ぎかもしれんが、選手寿命を縮めていることは間違いないと思う。足首の故障を庇いながらプレーさせる監督が悪い。こういう点ではメジャーは徹底している駄目かどうかそのうち分かる。
日本ハムからしたら来季はどうせメジャーに行くんだから今年で選手生命が終わろうが関係ないのさ。大谷の将来より今日の観客動員なんだよ。